沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらに使われる具材にはいろいろとありますが、定番の海老など以外には野菜がよく使われています。

沖縄天ぷらに使われる具

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です 沖縄で食べる事が出来る天ぷらは一味違います。沖縄天ぷらと区別をしているぐらいですから、どこか違うのだろうと想像しますが、衣の暑さが違うのが一番の違いです。そして、使われる具材自体もいろいろあるので、いろんな物を購入して食べてみるというのもそれだけで中々面白かったりもします。海老やイカ、サツマイモや紅芋などは定番となっています。この沖縄天ぷらは、どちらかと言うとおやつ感覚で食べられているので、お店でさっと購入して食べ歩きをしているような感じでみんなが日常的に食べています。気軽に食べる事が出来るおやつと言うわけなのです。

具材も豊富で、定番物以外にはゴーヤーやインゲン、魚肉ソーセージとインゲン等も見かけます。魚も豊富ですからいろんな魚を利用して天ぷらも作られています。いろんなお店を見つけたら、沖縄天ぷら食べ比べというのも面白そうです。お店によっていろんな天ぷらがあります。ちょっとずつ購入しながら旅先で小腹が空いた時に頬張る、そんな思い出の味になりそうです。スーパーなどのお惣菜コーナーなどでも販売されているので、こちらも見かけたら食べてみるのも面白いでしょう。いろんな沖縄天ぷらを、自分の舌で確かめてみて下さい。

Copyright (C)2017沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です.All rights reserved.