沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらはご飯のおかずとしてよりも、おやつとして食べられます。塩気のきいた厚い衣が特徴です。

おやつとして食べられる沖縄天ぷら

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です 沖縄天ぷらは衣が厚いのが特徴的で、醤油などといったものをかけなくても美味しく食べることができます。厚い衣ながらもカラッと揚げられたものをサクっとした食感を味わうことができます。厚い衣の理由はベーキングパウダーを使わずに卵を多く使っているからだそうです。衣自体に塩味がきいているためファストフードのように歩きながら食べられ、おやつとしても沖縄の人に愛されています。魚や芋といった定番のものから、沖縄ならではのもずくやアーサーといった海藻類まで多くの食材が天ぷらとして食べることができます。

沖縄の町のいたる場所で天ぷらを購入することができるのも沖縄の人に愛されている証拠でもあります。天ぷら屋さんだけでなく、魚屋や弁当屋でも売られており、いつでも美味しく食べることができますし、比較的安いお値段で買うことができるため、子どもでも気軽に買って食べることができます。またドライブスルーでもバーガー類と並んで天ぷらを購入することができるため、ドライブで小腹が空いた時にもお腹を満たしてくれます。もともと沖縄天ぷらは昔から祝い事や法事などの席で重箱に入れて振る舞われていました。その伝統が今では行事の時だけでなく家庭でも当たり前のように食べる機会が増え、おかずとしてだけでなくおやつとしても食べられるようになったと言われています。

Copyright (C)2017沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です.All rights reserved.