沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらは昔から沖縄の人に愛されてきた料理でおやつにもなっています。衣が厚くボリュームがあります。

沖縄で昔から愛されてる沖縄天ぷらとは

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です 沖縄で昔から愛されている料理に沖縄天ぷらがあります。沖縄では昔から冠婚葬祭でふるまう食事に天ぷらを用いる習慣があったのです。もちろん食事のおかずとしても親しまれていますが、沖縄の人はおやつやお茶うけにも天ぷらを食べることがあります。沖縄天ぷらの特徴は中のネタが見えないほど厚い衣に覆われているところです。一般的な天ぷらに比べると衣は硬くて重く、揚げた天ぷらはボリュームがあります。これは沖縄天ぷらの衣は卵の割合が高く粘り気があるからです。衣には塩が入っており、味があるのでそのまま食べてもおいしいです。

沖縄天ぷらのネタは魚、野菜、海藻、サツマイモ、豆などさまざまです。沖縄の海藻モズクを天ぷらにすることもあります。家庭でも天ぷらを作りますが、天ぷら店などでも手頃な値段で販売されており、沖縄の人が食事やおやつに買い求めます。ネタの入っていない天ぷらはカタハランブーといいます。かつおだしが入っており、ネタがなくてもおいしく食べられます。またサーターアンダギーも同じくネタのない沖縄天ぷらの仲間といえます。お祝い事や手土産、おやつに愛されています。沖縄天ぷらを食べたことのない人でも家庭で真似して作ることはそれほど難しくないので、試してみることをおすすめします。

Copyright (C)2017沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です.All rights reserved.