沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらは、列島の天ぷらとは違った料理法で作られます。色々な食材で料理され、味付けもまた違うようです。

沖縄天ぷらは色々な作り方があります。

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です 天ぷらといえば、海老天やイカ天、魚類の天ぷら、野菜類の天ぷらなどが言うまでもなく一般的です。天ぷらはポルトガルから長崎に伝わったのが由来とされ、天つゆが使われるようになってから人気が上がったという話があります。沖縄では沖縄天ぷらと称され、列島の天ぷらとは違った材料で作られ味付けもまた異なるようです。

琉球料理は、肉料理・野菜料理・魚料理や沖縄ソバなどレパートリーが豊富ですが、沖縄天ぷらもその一つになります。チキンウインナーや魚類を揚げたもの、もずくやアーサー(沖縄の岩場に生える緑色の海藻)を揚げたもの、ゴーヤやヘチマ・エシャロット・サツマイモを揚げたもの、変わったものには砂糖を揚げた砂糖天ぷらがあります。天つゆと大根おろしで食べる天ぷらとは違い、沖縄天ぷらは卵や牛乳を加えて揚げるメニューもあります。料理としてはフリッターに近く、和風以外の味付けもあります。沖縄風の食べ方では、衣に塩を混ぜてあっさりと食べるのもよく、ウスターソースをかけて食べるのも定番です。砂糖天ぷらはホットケーキの素を混ぜて作る場合があり、夕食のメニューというよりもお菓子類やデザートの役割も果たします。「タラサー」という天ぷらもあり、天ぷらの余った衣にお好みの具を混ぜて作ります。

Copyright (C)2017沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です.All rights reserved.